スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒストリー3 平安な時代:スト2前夜~オタクの牙城

 第2次ベビーブーム世代とか団塊ジュニアとか呼ばれる我々1971~74年生まれが中高生になる頃、ゲーセンの様相は一変していました。1980年~のゲームウォッチ、1983年発売のファミコンと共にテレビよりもゲームで育ち、その中でも中高で部活や恋愛といったリアルが全く充実していない連中が巣食うゲーセン、そこはバンドブームに乗っかってギター片手にモテを目指す不良達が気味悪がったり、非モテオーラに取り憑かれることを恐れたりと、矜持として決して足を踏み入れてはならない場所、オタクの牙城と化していました。

 現在のいわゆる「オタク」を意識したり、ターゲットにした作品やマーケットがまだ未成熟な当時に「その手の人・大きいお友達・マニア」と呼ばれていた大学生~社会人の方々(我々は尊敬と、幾分のアイロニーを込めて「師匠」と呼んだりしていました)は、それはそれは筋金入りの・強烈な・紙一重の紳士達でした。

 この頃になると大分ゲーセン慣れしてきて、繁華街の大型店舗と住宅街の魔窟の中間にある、懐に優しい1クレ50円ゲーセンに足しげく通うようになります(良くも悪くも常連で持っているタイプの店ですね)、ゲーマー同士の連絡ノート(携帯が無い当時、常連同士の連絡用に良く置いてありました)には顔面の1/2が眼になっている様な美少女のイラストが所狭しと並び、アイドルに対するポエムや熱い想いがつづられたり、毎週のアニメの感想が連載されていたりと非常にカオスでしたが、攻略の質問を書くと親切な常連が回答してくれたり、とブログの原点は案外こんな所にあるのかも知れません、内輪ネタが判らないと全く意味不明な場合が多々ある点もほぼ同じです。

 また当時誤植や誤情報が多いことで有名だったゲーメストも毎号常備してあり、間違いや判り難い記述は共同責任で赤で修正を入れたり(伝説の誤植「インド人を右へ」「ザンギュラのスーパーウリアッ上」にも丁寧に赤ペンが入っていました)もしていました。


 1988~1990年の間は「ファイナルファイト」に始まる横スクロールアクションゲームの成熟期にあたり格闘ゲーはあまりありません。そんな中であるゲームが私を魅了します。

『ファイティングファンタジー』(1989)

色んなところから寄せ集めた感のあるタイトルがクソゲーのフレグランスをほのかに漂わせる、愛すべきゲームメーカー、データイースト・通称「デコ」のゲームです。
内容はそのタイトル通り、王の座をかけて戦士がモンスター達と1対1の対決を行う、というものです。

操作は8方向レバーと攻撃・ジャンプボタン。特筆すべき点としては攻撃ボタン押しっぱなし+レバー後ろでガードができます。
FF


戦いに勝利するとプレイヤーの残りHPに応じてファートマネーが支払われます、これを使って強化アイテムを購入できるのですが、システムの詰めが甘く、全く必要ないアイテムや無いと事実上クリア困難なアイテムも存在します。
FFshop


またこの頃のアクションゲームの不文律として「兜割り(ジャンプ中、レバー下方向+攻撃ボタン)」は大ダメージ(または高得点)、という物があります。(実はコレ、子どもの頃から少し疑問だったのですが、書き始めるとエントリ1つ分になりそうなので割愛します)
いくつかのゲームで実装されていたと思うのですが、具体的なタイトルとしてはナムコの『ドラゴンバスター』しか思い出せません。このゲームでも兜割りはダメージ2倍に設定されており、最初の敵はほぼこれだけで倒せてしまいます。

実はこのゲーム、何が印象深いかと言うと、私が初めて1コインでクリアしたゲームなのです。独特の世界観がラブでしたし、ファイトマネーで購入した武器をステージ毎に交換して楽しめるというやりこみの要素もあり、夢中でプレイしました。

ファイナルファイト系の横スクロールアクションにも書きたい事は少々あるのですが、それはまたいずれの機会に譲りたいと思います。

次回はゲームの歴史を塗り替えたと言っても過言ではない『スト2』が登場します。
(つづきます)
スポンサーサイト

テーマ : ▼ゲームの話
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

続きが早く見たいです。
ワクワク・・・

>華さん
続きは書くポイントがなかなか定められず、かなり苦労しましたw
楽しんでもらえれば幸いです
プロフィール

丸投げ営業マン

Author:丸投げ営業マン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。